fc2ブログ

IgA血管炎(アレルギー性紫斑病) 次男10歳入院まで

2021.05.20.10:00

こんにちは。

今日は、次男が入院するまでを書きます。あくまで素人の経験談です。

1日目→習い事の帰り道に「なんかお腹が痛いかも」と言ったのが始まりだったと思います。夕飯も少ししか食べませんでした。

2日目→「お腹痛いのは少しになったから学校に行く」というので行きましたが、お昼に学校から「腹痛が辛そうなので迎えに来てください」との事だったので、迎えに行き午後にクリニックに行きました。その時の診断は「便秘かな?腸炎かな?整腸剤を出しておくので、様子を見ましょう」でした。この時点では、症状は腹痛のみでした。熱もずっと平熱でした。

3日目→食事もできず「お腹をなでなでして」と言うことが増えました。何回かお腹を壊していました。この日から夫も私もただの腹痛じゃないのかも?と思いネット検索しまくりました。整腸剤は全く効いてませんでした。「お腹全体が痛いけど、特に痛いのはおへその周り」と言っていました。

4日目→腹痛がひどくなっているようなので、救急病院に行きたかったのですが、近くの総合病院へ電話したら「混み合っていて無理です」と冷たく言われ無理でした。この日は、よりにもよって日曜日。日曜日に診察している病院を探して行ったら、少し遠くの総合病院の紹介状を書いてもらえ、すぐに総合病院へ。点滴 血液検査 尿検査などをしました。この日は、下痢・嘔吐を繰り返していました。医師から「入院して様子を見たいのですが?」と言われたのですが、次男は「絶対に嫌だ 帰る」というので、どうにか説得したのですが、失敗に終わり……。次の日の朝一番に診察という条件で帰ることになりました。その時に吐き気止めの座薬を処方してもらったのですが、下痢で全く無理でしたが、点滴後からは嘔吐はなくなりました。この日から下血が。ご飯も食べれていなく、お水だけで心配でした。どうか腹痛だけでもよくなってくれたらと。

5日目→朝一番での診察でした。この日にはもうぐったりしていたので(脱水症状)、絶対に入院だなぁと思っていました。案の定、即入院でした。もちろん次男は「いやだ」と言っていましたが諦め、勝手に「3日で帰るから」と宣言していましたが、まさか1か月の入院になるとは。家族で初めての入院。とても心配しました。入院となって、私だけすぐに家に帰り入院準備。ダッシュでまた病院へ。お恥ずかしい話なのですが、次男は一人で外泊をしたことがなく、この入院が初めての一人外泊。私が帰るときに「自分も帰る」と泣かれると、連れて帰りたいと心底思ってましたが、ここはグッと我慢です。明るく「明日も早く来るからね~」と。


夫と私が調べて、この病気では?と思ったのは、腸重積・盲腸・Iga血管炎の3つです。この時点では「腸炎かも?」とまだ様子見とのことでした。Iga血管炎は足に赤い斑点が出るのですが、この時点で一つしか出ていなかったので、すぐには分からなかったと思います。



育児・男兄弟ランキング
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

kentouyuu

Author:kentouyuu


家計簿日記 ブログランキングへ
☝のクリックを宜しくお願い致します!!

わたくし 専業主婦44歳。

家族→夫 長男中3 次男中1 三男小3
近所の実家に 父 母 妹
同居じゃないけど、大人5人 子供3人(うちの家族と実家合わせて夕飯を作ってます)の生活費全部を公開 そして家計管理をしていこうと思います 生きてるってお金がかかるよね・・・(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR